SketchUpで直方体を作成する

メモ:

SketchUpで直方体を作ってみます。

SketchUpで立体を作成するには、まず平面図を作成します。 ツールバーから「長方形」を選択し、長方形を作成します。

長方形描画ツール

ここでは、赤・青・緑の線が交わる原点にカーソルを合わせクリックした後、対角方向へドラッグし、任意のサイズの長方形を作成します。

長方形の描画
長方形

長方形は、寸法を指定して作成することもできます。寸法は縦と横をカンマで区切って指定します。始点をクリックし、「300,600」のように入力することで指定サイズの長方形を作成することができます。サイズは、画面右下に入力されます。

サイズを指定して作成

次に「プッシュ/プル」ツールを選択します。

プッシュ/プル

作成した長方形の面をクリックしカーソルを上方向へ動かすことにより面を立ち上げます。ここで、必要なサイズを入力することにより指定高さの直方体が作成されます。

直方体

SketchUpでは、面を作成しその後、面を押したり引いたりして立体を作成します。