GIMPの画面構成

メモ:

GIMPを始めて起動すると、いろいろなダイアログがあちらこちらに表示されます。このダイアログは、「GIMPメインウィンドウ」、 「ツールボックス - ツールオプション」、「レイヤー、チャンネル、パス…」の3つのウィンドウが表示されます。各ウィンドウの大まかな役割は、次のようになります。

※GIMP2.2.14の画面構成を使用しています。

GIMPのメインウィンドウ

画像の作成・編集を 実際に行う作業ウィンドウです。

GIMPのメインウィンドウ

このウィンドウを閉じるとGIMPが終了します。

ツールボックス

画像の作成・編集に必要なツール群を配置したウィンドウになります。

ツールボックス

選択したツールの詳細設定は、ツールオプションウィンドウで行います。上記例では、 「ブラシ」のオプションが表示されています。

GIMPのレイヤー・チャンネル・パス・履歴、等

キャンバスを何枚も重ねたようにできるレイヤーや、画像をRGB等に分解したチャンネルなどを管理する ウィンドウになります。

レイヤーウィンドウ

画面下部は、ブラシの形状や塗りつぶしのパターン、グラデーションの掛けかたなどを設定します。